査定サイトに依頼

パソコン土地の売却価格を決めるためには、査定が必要になります。複数の不動産会社で一括査定ができるサイトがあります。依頼する不動産会社によって査定額は異なりますから、複数の不動産会社を比較することで土地の相場がわかりやすくなるでしょう。

査定サイトに依頼すれば、さまざまな不動産会社に個別に連絡する手間が省けます。ひとつの査定サイトに土地の情報を入力するだけで、複数の不動産会社への依頼が一度に完了します。査定サイトの費用は不動産会社側が負担しますから、利用する人は無料で査定を受けられます。無料なので、複数の査定サイトに申し込むことも可能です。査定サイトに申し込む際には、利用価値が高そうなところを選んだ方が良いでしょう。

依頼する際の注意点として、査定サイトは全国の不動産会社の情報を集めているわけではありません。その査定サイトに登録している不動産会社の中から選ぶことになります。どんな会社が査定サイトを運営しているのか、調べた方が良いでしょう。できるだけ不動産情報にくわしい土地売却査定サイトを選んだ方が良さそうです。査定サイト同士を比較するサイトのようなものもあります。査定サイト同士もまた比較を行いながら、最適な不動産会社を選びましょう。

土地売却の仕方

家土地を売却する際は不動産会社に売却を依頼し、買い主を仲介してもらうための契約を結ぶことになります。不動産会社との契約方法は、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」の3種類に分かれています。

専属専任媒介契約では、特定の不動産会社と契約を結び、売却のすべてを任せます。専任媒介契約は特定の不動産会社に依頼する以外に、自分でも土地を売ることができます。一般媒介契約は自分で売るほかに、複数の不動産会社に売却を依頼する方法です。複数の不動産会社に依頼した方が早く売れそうに思えますが、土地の売却は依頼すればすぐに売れるというものではありません。特定の不動産会社に依頼した方が、早く買い主が見つかる場合もあるようです。

不動産会社と契約を結んだ後は、土地をいくらで売るか金額を決めます。土地の査定を基準にして、多少金額を高めに設定しておき、それで売れなければ価格を下げていきます。購入希望者が出ない場合は、土地の売却期間が延びる可能性があります。土地の売却を急いでいる場合は、査定価格より低い金額で売りに出すこともあるようです。購入希望者が集まったら、その中で一番高く買いとってくれる買い主を選ぶと良いでしょう。

土地売却の査定

土地を売却するには、どれぐらいで売れるのか相場を知っておく必要があります。土地だけ売却する場合は建物がありませんから、立地や広さなどで評価することになります。一般的に立地が良く、希望する広さがあれば短期間で売れる場合もあるようです。

しかし、査定どおりに売れるかどうかは買い主があることですから、実際に売りに出してみなければわかりません。その地域で実績のある不動産会社であるとか、熱心な営業マンにあたるというようなことでも結果が違ってきます。おおよその相場がわかったら、できるだけ高額な価格で土地を売ってくれそうな不動産会社を探し、契約することになります。

電卓土地売却の相場を知るのに便利な査定サイトがあります。一度に複数の不動産会社の査定額を調べることができます。利用料金などはかかりませんから、複数の査定サイトに申し込むことも可能です。ただ、多くの不動産会社に査定を申し込むと営業の電話がかかってきますから、ある程度しぼり込んだ方が良さそうです。

査定の一例ですが、「全国1000社の不動産会社の中から、厳選した8社を選びます」などとあります。1000社のうちの8社ですから、登録する査定サイトにより紹介される不動産会社は異なります。また、土地の条件を入力すると、「A社1720万円、B社2230万円、C社1180万円」のように査定額が知らされますが、必ずしもこの値段で売却できるとは限りません。B社が一番高く査定しているというだけのことですから、実際に担当の営業マンに会ってみて不動産会社の実績などを比較した上で、依頼する不動産会社をお決めになった方が良いでしょう。