土地売却のスムーズな進め方

土地を売却する方法について

土地売却の仕方


家土地を売却する際は不動産会社に売却を依頼し、買い主を仲介してもらうための契約を結ぶことになります。不動産会社との契約方法は、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」の3種類に分かれています。

専属専任媒介契約では、特定の不動産会社と契約を結び、売却のすべてを任せます。専任媒介契約は特定の不動産会社に依頼する以外に、自分でも土地を売ることができます。一般媒介契約は自分で売るほかに、複数の不動産会社に売却を依頼する方法です。複数の不動産会社に依頼した方が早く売れそうに思えますが、土地の売却は依頼すればすぐに売れるというものではありません。特定の不動産会社に依頼した方が、早く買い主が見つかる場合もあるようです。

不動産会社と契約を結んだ後は、土地をいくらで売るか金額を決めます。土地の査定を基準にして、多少金額を高めに設定しておき、それで売れなければ価格を下げていきます。購入希望者が出ない場合は、土地の売却期間が延びる可能性があります。土地の売却を急いでいる場合は、査定価格より低い金額で売りに出すこともあるようです。購入希望者が集まったら、その中で一番高く買いとってくれる買い主を選ぶと良いでしょう。

不動産を売却するときのコツ

不動産を売却したいというときには、事前にきちんと知識をつけておくということが重要だといえます。しっかりとした知識をつけておかないと、自分自身でも困ることが起きるといえます。

たとえば、売却するときに自分が得をしているのか、損をしているのかということがわからないといえます。しっかりとまずは自分自身で、不動産について知識をつけていくということが、重要なことだといえます。不動産を売却するコツとしては、まずはしっかりと相場を見極めるということが重要だといえます。相場がわかっていれば、自分自身で、得をしているのか、損をしているのかということがわかるといえます。

実際に相場を調べるためには、最近ではインターネットを利用するというのが効果的だといえます。まずはしっかりと相場について調べて、不動産の売却をするというときに、損をしないようにしておくということが望ましいといえます。自分から行動を始めてみましょう。

不動産売却は出来るだけ速やかに行う

どんな住宅でも新築で完成した時は美しく、誰でも住みたくなるような魅力にあふれているものですが、10年、20年と時が過ぎるとその魅力は薄れてしまいます。

外壁にひびが入ったり、塗装がはげてくるとみすぼらしく見えてしまいますし、内装自体もリフォームを一切施していない状態だと、古めかしいキッチンやお風呂、トイレなど、今の新しい製品に比べると、どれも使いにくいものばかりに思われてしまいます。ゆえに不動産売却を行う際は、出来るだけ早く不動産会社に連絡し、査定を依頼することが大切です

査定額が気に入らない場合は、別の不動産会社に査定してもらうことも出来ますが、複数社に依頼しても同じような価格の場合は、もうそれ以上高い値段が付くことはないでしょう。それでも渋って、なかなか売らないでいると、どんどん値崩れして買取価格が下がる一方になりますから、およその価格の見当がついたら、そこで決断して不動産売却手続きに入ることをおすすめします。